独学は時間とお金の無駄!

「独学では効率的にFP資格を取得することはできない」と断言しました。これは、日本にFP資格が2種類存在し、その受検形態に起因しています。
ひとつの資格は、厚生労働省が認定した国家試験の「FP技能士」。もう一方の資格が、世界標準の民間資格「AFP」と「CFP」となります。

《民間資格:AFP&CFP》

AFP(アフィリエイテッドFP)とCFP(サーティファイドFP)は、日本FP協会が認定する民間資格です。AFPは〝普通資格〟とされ、現在、国内に約138,000人(平成21年5月現在)が存在します。また、CFPは世界23ヶ国と地域で認められる世界水準の〝国際資格〟。現在、日本では約16, 200人(平成21年4月現在)が活躍しています。なお、CFPになるためには、AFPとしての経験と資格試験の合格が必要とされています。

《国家資格:1?3級FP技能士》

一方、平成14年(2002年)4月に職業能力開発促進法に基づき国家資格
 化されたのが、厚労省が認定するFP技能士。(社)金融財政事情研究会(金財)が運営し、1、2、3級それぞれに検定試験が存在します。なお、3級にはありませんが、2、1級には実務経験などの受験資格が存在します。

独学ではAFP資格を取得できない!

これら2種類の資格は資格自体は別モノながら、同じ試験で両者を取得できる不思議なシステムとなっています。というのも、2級FP技能士試験はAFP資格試験を兼ねているため、2級に合格すればAFP資格も取得できてしまうのです。しかし、両資格を同時に取得するためには、ひとつ条件があります。それが、日本FP協会による「AFP認定研修」への受講と修了です。

これは、日本FP協会が認定する研修機関(資格学校や通信学校の講座)での講座を受講し定められた書類を提出、基準点をクリアすることで修了となります。この研修を修了し、かつ2級FP技能試験を合格することで、2級FP技能士とAFPの両資格を取得することができるというわけです。

つまり、協会が認定した研修機関の講座を受講しない限り、AFPとして認定はされない。すなわち、完全な独学ではAFP資格を取得できないということなのです! どうせ取るなら両資格を一挙に取得した方が時間的、金銭的にも効率的。となれば、AFP資格を取得できない独学は無駄でしかないのです。


【ファイナンシャルプランナーになるならFP協会認定講座で!】