AFP認定研修とは?

AFP資格取得のために必要な「AFP認定研修」とはどのような内容なのでしょうか。また、「資格学校や通信講座で開設されている各種の『FP資格講座』と別々に受講する必要があるのか!?」と疑問を抱かれる方もいることでしょう。まず、「AFP認定研修」の学習課目をみてみましょう。

<AFP認定研修の学習課目>

①FP基礎
②金融資産運用設計
③不動産運用設計
④ライフプランニング・リタイアメントプランニング
⑤リスクと保険
⑥タックスプランニング
⑦相続・事業継承設計

上記7科目を合計68単位以上履修(受講)し、かつ〝研修卒論〟ともいうべき、「(資産設計)提案書」を作成。その内容が協会より60点以上と採点された場合、修了となります。また、研修修了後、協会へ登録する際にも期限や登録・更新費用が必要となりますので、詳しくは協会サイトを参照下さい。

AFP認定研修と資格学校の講座は別モノ!?

次に、AFP認定研修が資格学校と通信講座の「FP資格講座」とは別々に受けるものなのか、という疑問に関してなのですが、そうであるともそうでないとも言えます。いえ、あえて解りにくく説明しているわけではありません。

というのも、AFPとFP技能士資格は別物であると前述しました。ゆえに、FP技能士資格だけ所有しているという人、もしくはAFP資格だけ所有している人の双方が存在しているため、資格学校や通信講座も、AFP認定研修込みの講座とFP技能士試験のみの講座を設けなければならないのです。

ゆえに、私が提案するFP技能士とAFP両資格の一括取得を目指している人は注意が必要です。特に資格学校の講座には、そうした多彩なニーズに対応するため、FP技能士試験の合格のみを目的とした講座も存在しています。
両資格の一括取得を考えている初心者の方は、講座への申し込みの前に、AFP認定研修を兼ねた講座かどうかを必ず確認する必要があります。



【ファイナンシャルプランナーになるならFP協会認定講座で!】